検討中の方へ

ご自宅の壁や屋根の塗装(塗り替え)をご検討中の方へ

ご自宅の壁や屋根の塗装(塗り替え)をご検討中の方へ

ご自宅の塗装の塗り替え時期にお困りではないですか?定期的に行なうのがもちろんいいのですが、あまり色もはげてないし、ほとんど見た目は変わらないしというのびのびになってしまう方も多いかもしれません。 可能であれば、耐用年数をめどに定期的に壁や屋根を塗り替えるのが家を長持ちさせるコツなのですが、とくにプロじゃなくても塗り替え時がわかるようなそんなチェック項目を考えてみました。 当てはまる項目などがあれば手遅れになる前に、すぐにご相談ください。

塗り替え時期の危険サインと目安

塗り替え時期の危険サインと目安

壁に触ると白い粉がつくことをチョーキング現象と言います。 塗膜が劣化し、塗料が粉状になる現象です。
一番わかりやすい、塗り替え時期の目安となります。 建物を保護する効果がなくなってきている証拠ですので、すぐに塗装を検討するべき状態になっています。

外壁・屋根の色あせ・剥がれ

外壁・屋根の色あせ・剥がれ

塗膜の色あせは美観が悪いだけではなく、防水性がなくなってきている証拠。 そのまま長く放置すると、劣化を進行させます。 剥がれた部分がある場合は、そこから水分が浸透し建物自体を痛める原因にもなります。 塗り替え後、極端に短い期間で剥げてしまう。場合は、下地そのものに原因があるか、施工不良の可能性も