依頼の流れ

お申し込み方法

1
まずはお電話ください。
TEL.011−311−7719
2
施工のお見積りやご依頼の場合、
お電話にて現地訪問日を決定
3
ご訪問
「実際お邪魔して、ご希望や費用のお見積りを提出するための下準備をします」
お見積り提出 ※ここに見積書の画像
4
お申し込み
5
施工日程・色や塗る場所の決定
6
契約書の発行
(契約書の発行・保証のご案内)
7
施工実行
8
完了

施工の流れ

1 足場仮設

 株式会社新誠では、施工場所のご近所にご迷惑をおかけしないように、事前にご近所周りの挨拶を行っています。 足場部材を搬入する際には、小さなお子さんや歩行者など周囲に気をつけなければいけません。もちろん、交通量が多い場所や人通りの多いところでは警備員が交通誘導や安全の確保などを行います。 そして、現場の安全はもとより、建物周辺の清掃や片付けなどの準備からスタートしています。綺麗にする仕事なので、作業中も綺麗にしておくことを考えています。整理整頓しておくことでスムーズな仕事はもちろん予防できることも多いと考えています。  仮設の足場を組む時には、まず地面のレベル調整を行い、平坦化させながら鳶職人さんが足場を組んでいきます。二側足場という施工方法を採っております。 足場の次には、養生シートの取り付けを行い 塗料やホコリの飛散防止や作業工具などの落下などの防止などの環境を整えます。

塗装工事
足場仮設


2 ケレン作業

 ケレン作業は、簡単に言うと塗装する前の下準備です。屋根や壁のサビを落としたり、古い塗膜を除去したりする作業です。機械を使いながら行ったり、細かな部分は研磨紙を使って手作業で行います。このケレンの工程は塗装の中でも特に重要な作業の一つです。いくら高価な塗料を塗装したとしても、このケレン処理がしっかりできていないと、塗料本来の性能を発揮できないばかりか、はがれ落ちたりしてしまうこともあります。 ケレン処理工程では、プカプカ浮いたような塗膜やサビなどを除去したり、表面に細かな傷をつける目荒し(足つけ)をします。

ケレン作業
手作業でのケレン作業風景


3 高圧洗浄

 塗るものの表面をなるべく綺麗にすることが塗装の基本です。仕上がりに影響するのはこういった細かい作業の積み重ねになります。

専用の高圧洗浄機でとことん綺麗に
専用の高圧洗浄機でとことん綺麗に


4 ひび割れの処理

 現状の塗膜にひび割れ(クラック(亀裂)・欠損・凸凹)がないか確認して、もしあればそれらを補修します。この作業は綺麗にするためのものでもあるのですが、外部の影響(温度の変化や雨風)から壁を保護するためにも大事な工程になります。 塗装面にひび割れがあると、カビの発生や、水がしみたりすることもあります。鉄筋の建物では、ひびから雨水が侵入し、鉄筋を劣化させてしまう原因になったりもするのです。 ですので、ひび割れがあった場合は、塗装の下地処理として、シーリング作業でひび割れを処理します。

ひび割れの処理
ひび割れの処理


5 コーキング工事

● 撤去

カッターで既存のコーキングに切れ目を入れ、ペンチなどで剥がします。そして剥がし残しのないようにカッターで細部までこそぎ落とします。


● ボンドブレーカーの設置

 


● プライマー塗布


● シーリング材充填


● コーキング完了

専用のこてで汚れを一つ一つはがしていきます。
キャプション


6 養生

 

専用のこてで汚れを一つ一つはがしていきます。
 


7 下塗り

専用のこてで汚れを一つ一つはがしていきます。
キャプション


8 中塗り

専用のこてで汚れを一つ一つはがしていきます。
キャプション


9 上塗り

専用のこてで汚れを一つ一つはがしていきます。
キャプション


10 完成